マンガ 目次
   トップページに戻る

ここではマンガの目次を表示します。

お好きなところをクリックしてください。

ある日、丸井健太くんは不思議なおじいさんと会い、緑色に光る魔法の石をもらう。
その石はどんな願いごともかなえてくれる。でも、うそをつくとお腹がいたくなって、やがて死んでしまう。
最初はその石で願いごとが、次々にかなうのだが・・・。やがて教室にいじめがあることがわかって・・・

全43ページ
                

「うそと願い」を読む 










くまのタロスケは赤ん坊のとき、おじいさんに助けられました。おじいさんと一緒に暮らして人間の言葉もわかるようになっていました。
ところがおじいさんは病気になってしまったのでした。お医者さまでも治せない重い病に・・。
森の奥にジジベエの木があって、なんでも知っているらしいので、ジジベエの木に会うため森の中に入っていくのでした。
キツネやオオカミ、タヌキなどと出会ってタロスケの冒険は始まるのでした。

全52ページ

「くまのタロスケの大冒険」を読む    










アランは怪物と戦って崖から落ちて記憶を失っていた。そんな時ある男にその闘いの腕をかわれ
雇われる。しかしその男が盗賊だとわかり、やがて村を襲う時、アランの記憶が戻ってくる。
盗賊と戦いそれに勝ったアランは自分の本当の目的を知るのだった。
それはアララ山に登りラーマの神に会うことだった。そして神秘の山アララ山に登ることになるのだが・・


全44ページ

「アランと神秘の山」を読む









俊一はお腹をすかせて公園に倒れていた。それを見つけたホームレスのおじさんが自分の食べ物を俊一に与えた。
そんなことで、俊一はホームレスのおじさんと仲良くなる。
よくお腹をすかせていた俊一におじさんは食べ物を与えていた。
俊一は虐待を受けていたのだ。
ある日、俊一は父親から階段に落とされてしまう。気を失った俊一。
気がついたとき、そこは「太陽の国」だった。
強くて勇気のある勇者になりたくて、「勇気の剣」を求めて冒険に旅立つのだった。

全33ページ

「俊一の夢」を読む








春がまちどうしいそんな頃のお話です。
高校1年の清水君は彼女がほしい普通の男の子。
そんな清水君はコチコチのまじめ人間の斎藤さんに少し気がある。
もてもての白石君はある賭けをして斎藤さんに近づく。
あるロックンロールパーティで白石君と斎藤さんは・・・
青春ラブコメディ?です。

全33ページ

「春までもう一歩」を読む










門田哲男は人生に悲観してビルから飛び降りてしまう。
気がついたとき、自分の死んだ姿を見ているもう一人の自分がいた。そして悲しんでいるお母さんの姿があった。
なんで死んだんだろう、後悔する自分を光が引っ張り上げあの世の世界に
連れて行く。
そこにはあの世の入り口の門番のような人がいて・・・

全26ページ

「生きかえった男」を読む










太郎くんは銀河への近道をさがしているという変なおじいさんに会う。
ある日、おじいさんが銀河への近道を見つけて太郎くんといっしょにその不思議な道に入っていく。
そして終点で銀河の真ん中にでるのだが・・・

全16ページ

「銀河への近道」を読む












ある日突然、一方的に会社を解雇させられた主人公。
なんとか就職口を捜して奮闘する40過ぎの中年の主人公であるがなかなか思うようにいかない。
ある日、ボランティアをしている青年に出会い、自分もボランティアをしてみようと思い立つ。
そこで出会った人々に人と人のふれあいの大切さに気がつくが・・・

全19ページ

「雨あがりの虹」を読む










古文書にこう記されていた。五千年の眠りから大魔王が目覚めると。そして今、まさに大魔王が目覚めようとしていた。
この世は大魔王によって支配されてしまう。大魔王と戦うには七人の勇者が必要だった。
今や飲んだくれとなったかつての勇者ライアンのもとに個性あふれる七人の勇者が集結した。
そして目覚めた大魔王と七人の勇者との世紀の戦いが始まったのだ。

全100ページ  長編となりますので前半、後半にわけて載せようと思います。


「七人の勇者」前編を読む

「七人の勇者」後編を読む








太郎くんにはとても大切にしているたからものがあります。ただの石なんですが。
とても遠くからきた人との大切な一日と、その人がくれた不思議な石の思い出です。それは・・・

全21ページ

「太郎くんのたからもの」を読む












ある日スケドンの妹が病気になる。病気を治すには十日間のうちに10万円必要になった。
スケドンは東京に出て10万円稼ぐため奮闘するのだったが・・・

これは18才のときに描いた処女作です。

全50ページ

「スケドンの十日間」を読む







100年に一度の大不況、リーマンショックにより職を失った田村健一52才。
なんとか職をみつけるためハローワークへかよう。そこで後に親友となる河本と山内に出会う。
ハローワークで奮闘する中年3人の失業中を描いた作品であります。

全43ページ

「失業中」を読む













数々の不幸にあい、ホームレスにまでなってしまった村上くん。
そんな村上くんを救ってくれた板倉さんの一杯のスープ。
NPO法人の板倉さんの助けもあり、なんとか新しい生活を取り戻せた村上くんには、かねてからの夢があった。
それは宮沢賢治のような作家になることだったが・・・

全43ページ

「一杯のスープ」を読む」











「くまのタロスケの大冒険」の続編です。
おじいさんの3回忌の準備に町のスーパーに買出しにいっていたタロスケが
野性のくまに出会います。そのくまの娘のミーアに恋してしまいます。
しかし、人間に育てられたタロスケと野性のミーアはつきあうことを反対されて
しまいます。
そんな時、山火事がおこって・・・

全42ページ

「タロスケの恋」を読む












    トップページに戻る